無料ブログはココログ

« 地域メディアをテーマとする共著を出しました | トップページ | おすすめの本(ソーシャルワークは奥が深い) »

2011年12月19日 (月)

21 世紀ミュージアム・サミットへのお誘い

面白そうなイベントの紹介です。

第5回 21 世紀ミュージアム・サミット
「100 人で語るミュージアムの未来 Ⅱ~人々をつなぐミュージアム~」

*詳しくは以下のウェブで
http://www.k-i-a.or.jp/shonan/?p=1965

日時
2012 年2月4日(土)、5日(日) 10:00~18:00 (開場9:30)

会場
湘南国際村センター(神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-39)
アクセス: http://www.shonan-village.co.jp/access.html

概要
ミュージアムに関わる様々な関係者――館長、学芸員、事務職員やボランティア、
省庁・自治体、市民団体、研究者の方々など――約100人が集まり、ミュージアム
の課題とこれからの展望を語り合う2日間です。
基調講演はミュージアムに関する複数の著作がある作家の池澤夏樹氏のほか、英
国の著名な政策シンクタンクDEMOSの創設メンバーでもあるジョン・ホールデン
氏が、文化の価値とその正統性について、市民・専門家・公共機関(政府・自治
体)の3者の関係から論じます。
分科会は、美術館、歴史博物館、科学博物館、動物園など、さまざまな館種に共
通する4つのテーマ「マネジメント」「リテラシー」「アーカイブズ」「企画と
パブリックリレーション」を設定しました。各テーマについてミュージアムに関
わる4~5名のキーパーソンの方々の協力により企画され、企画メンバー、委員
長、ゲスト講師なども含めた約25名で進行します。

○基調講演
・池澤夏樹(作家、詩人)
・ジョン・ホールデン(英国シティー大学客員教授、政策シンクタンクDEMOS
アソシエイト)

○分科会
★営む知恵(マネジメント):
 企画:  東京都美術館・佐々木秀彦(企画グループ長)ほか、
委員長:  大原美術館長・高階階爾
話題提供: 大阪自然史博物館長・山西良平

★高め合う市民とミュージアム(リテラシー):
 企画:  国立科学博物館・小川義和(企画グループ長)ほか、
委員長:  埼玉県立美術館長:建畠晢
話題提供: よこはま市民メセナ協会・西田由紀子、女子美術大学・南嶌宏

★選ぶ、残す、伝える、使う(ミュージアム×アーカイブズ):
企画・話題提供: アカデミック・リソース・ガイド・岡本真(企画グループ
長)、神戸大学附属図書館/震災文庫担当・稲葉洋子ほか
委員長:  神奈川県立近代美術館長・水沢勉

★人が集まるミュージアムのつくり方(企画とパブリック・リレーション):
企画: 千葉市動物公園・並木美砂子(企画グループ長)ほか、
委員長・話題提供: 兵庫県立美術館長・蓑豊

■参加費
一般 2,000 円、学生 1,000 円

※当財団HPでより詳しい内容をご覧いただけます。申込書等もダウンロードでき
ます。 http://www.k-i-a.or.jp/shonan/?p=1965

■お問い合わせ
(財)かながわ国際交流財団 湘南国際村学術研究センター
〒240-0198 神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-39
Tel: 046(855)1822 Fax: 046(858)1210
E-mail: museum@kif.ac 担当:成田、尾﨑

« 地域メディアをテーマとする共著を出しました | トップページ | おすすめの本(ソーシャルワークは奥が深い) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 21 世紀ミュージアム・サミットへのお誘い:

« 地域メディアをテーマとする共著を出しました | トップページ | おすすめの本(ソーシャルワークは奥が深い) »