無料ブログはココログ

« おすすめの本(ソーシャルワークは奥が深い) | トップページ | 野津隆志『アメリカの教育支援ネットワーク』東信堂 »

2011年12月23日 (金)

学びに関する興味深い本

上田信行さん(同志社女子大学)が書いた『プレイフル・シンキング』(宣伝会議)を読み始めています。人は、どういう状況下において「学ぶ」のかを、とても平易な言葉で語りかけている好著。

9784883352203_l_2上田先生曰く、「創造的な学びには、まず何かに没頭する活動があり、次に少し距離を置いて自分の活動を振り返ってみる時間が必要である。体験するだけでは学びにはつながりにくく、体験したことを誰かに話したり、文字や絵にして表現して振り返ってみることで、体験の意味を深め、自分のものにしていくことができるのである。p.22」 Schon.D.Aのいう「省察」の重要性を指摘されていると理解しました。

また、第1章「見方を変えれば気持ちも変わる」では、「物事を固定的に捉えがちなあなたの思考を、自由に解き放つ」ためには、「メタ認知能力」が必要であるとも言います。「メタ認知」とは、「物事を俯瞰したり、多角的な視点から眺めてみることp.44」 

この文章に接した時、突然僕の頭の中に、「自己覚知」という単語が浮かんできました。「自己覚知」とは、ソーシャルワーク分野の専門用語で、「ソーシャルワーカー自身が自分のものの考え方の癖や行動の傾向を客観的に把握しておく」という意味だそうです。

自分を「他者」の目で眺めることはとても難しいことですが、対人支援に関わるすべての人に不可欠な「身体技法」の一つであることは間違いないでしょう。そして、「身体技法」は、日々の実践の中で磨かれるのですから、ズボラな僕には、到底身に付かない技(わざ)であることもマチガイナイ!ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

ソーシャルワークは、心理学、社会学、人類学、哲学など、様々な学問分野から知識・技術を吸収しながら成長してきた実践分野ですが、これからは、心理学等の学問分野だけでなく、都市計画や博物館学、美術にもそのウィングをのばすと、さらに面白くなると思います。というか、実は、コミュニティアートの領域において、その兆候は現れています。この辺の実践については、時間のある時にまた…。

« おすすめの本(ソーシャルワークは奥が深い) | トップページ | 野津隆志『アメリカの教育支援ネットワーク』東信堂 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学びに関する興味深い本:

« おすすめの本(ソーシャルワークは奥が深い) | トップページ | 野津隆志『アメリカの教育支援ネットワーク』東信堂 »