無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月17日 (火)

演劇と身体知の転移~多文化ソーシャルワーク実践者講座に参加して~

1月14日、今年で4回目を迎える多文化ソーシャルワーク実践者講座が始まった。目的は、「外国籍県民が抱えるさまざまな課題の解決に向けて、文化的背景の違いを踏まえながらケースワークを行うなど、多文化共生の相談役・推進役として活動しているソーシャルワーク実践者のスキルアップを図るための知識等を学」ぶこと。全体プログラムは下記URL参照。
今年も、第1回目に、「基調演劇」の上演があった。寸劇のタイトルは、「もみじ団地の物語~ある不審な男をめぐって~」。酒乱癖のある日本人の夫とフィリピン人妻の夫婦、ベトナム難民の老夫婦が暮らす団地に、一人のペルー人男性が訪ねてくるところから物語が展開する。日比の国際結婚カップル、ベトナム人の老夫婦、ペルー人労働者、それぞれの人生の悩みと彼・彼女らを取り巻く社会環境が、約25分間の寸劇の中に凝縮されている。講座のゲスト・スピーカーも務めるセサル・ホルダン・池田氏が、構成・演出・演技指導を担当。俳優陣は、講座の1期生から3期生までの有志ほか。
Photo_5


基調演劇(3回~5回目の講座で活用する事例をモチーフに構成されたオムニバス形式の寸劇)は、2回目以降、受講生が取り組むことになる多文化ソーシャルワークをめぐる様々な課題とソーシャルワーク実践に必要な「価値・倫理」形成への「問い」が埋め込まれており、演劇鑑賞後に、講師がソーシャルワーク実践のイメージを取り出すという構成になっている。

演劇上演を通じて受講生の脳裡に刻まれた三つの物語は、第3回目以降の講座の中で、再び「事例」として取り上げられるのであるが、この時には、鑑賞の対象としての「物語」ではなく、受講生が自ら解決すべき「現実の課題」として登場することになる。

今年度の講座では、演劇上演後に、受講生が車座になって感想を述べ合うワークが行われた。演劇上演に触発されて、自らが小学校時代に遭遇した「外国人児童のいじめ」体験について語る受講生がいた。

演劇表現の中に現れる問題を、自分事として感受すること。演劇鑑賞の過程の中で、演じ手と鑑賞者の間で「情念の交流」のようなものがうまれているのではないか。演じ手の身体に宿る魂に共振すること。こうした環境の中で、「身体知の転移」が生じるのではないか。「バイスティックの7原則」を知識として覚えるだけでは、概念の本質をつかみ取ることはできないのだぁ…(この原則も、一つひとつ自分の問題に引きつけて理解するのであれば、重要な示唆を含んでいるとは思うのだけれど)。

鑑賞者が演じ手の情念に感応するプロセスのことを考えていたら、突然、僕の意識の中に、森岡正博の“意識通信”という概念が閃いた。(『意識通信-ドリームナヴィゲイターの誕生』ちくま学芸文庫、2002年)

森岡は、人と人とのコミュニケーションは、単なる情報のやり取りではなく、Aさんの身体の一部である「触手」が伸びてきて、Bさんに触るようなやり取りが成立していると考える。「触手」が伸びて相手に触るというのは、勿論比喩表現ではあるが、演劇鑑賞の中で起きているコトの本質を言い当てているように思われる。

森岡は、非常に早い段階(1993年)で、電子ネットワーク上でのコミュニケーションにおいて、“意識通信”という現象が起きているとの仮説を説いた。この“意識通信”という考え方。僕にはとても興味深い。「シャノン=ウィーヴァー・モデル」が、コミュニケーションを「情報」の伝達の過程としてとらえるのに対して、森岡は、K・レヴィンの「フィールド・セオリー」という概念を援用しながら、コミュニケーションの過程で、「情報」交換以上の「意識間交流」が起きていると考える。僕は、森岡の言う“意識通信”を、「情念(あるいはエロス)の交流」という表現に言い変えたら、さらに面白くなると思っている。

“意識通信”について、さらに詳しく知りたい方は、以下のURLを参照してネ!

http://www.lifestudies.org/jp/ishiki03.htm

「演劇と身体知の転移」というテーマ、今後も深めていけたらと思う。 

2012年1月11日 (水)

市民活動ガイド(電子出版)のお知らせ

横浜で市民メディア活動をしてきた仲間と一緒に、市民活動ガイドブックを電子出版しました。電子出版は初めての経験です。発行は、「みんなでつくる市民活動ガイドを育てる会」。499円と手ごろな値段でお買い求めいただけるので、ぜひダウンロードしてみてください。

http://p.booklog.jp/book/15637

047ab26a2f6611e1adefc701cd288735__5

●出版解説

市民活動をする時に遭遇するかもしれないさまざまな問題についての対応方法を一冊の本にまとめてみました。本書の通奏低音となっているのは2009年1月に急逝された横浜の若き市民活動家・原聡一郎さんへの思いです。原さんは有能なファシリテーターでした。問題はどう発生し、それにどう対処してきたかをチェックしながら、常に現実的に市民活動の現場をまとめる人でした。そんな原さんのことを思い浮かべながら、NPO設立の方法から、活動マネジメントにいたるまで、市民活動の実際をまとめてみました。きっかけとなったのは「故・原聡一郎さんを偲ぶ会」。原さんと過ごした経験や知恵を記録し、さらに育てようということから本書が生まれました。この本が市民活動の現場で活躍される方々の参考になれば幸いです。       

2012年1月 3日 (火)

野津隆志『アメリカの教育支援ネットワーク』東信堂

Books著者の野津(人類学者)は、多様な文化的背景を持つ児童生徒が多数在籍するオリンピア市(米国ワシントン州)の学校と青少年育成支援を行うNPO活動の参与観察を通じて、学校と地域の様々なアクター(NPOやボランティアなど)が連携して展開する学習支援ネットワークの機能を、エスノグラフィーの技法と認知心理学の理論枠組みを使って分析する。


オリンピア市は、1980年代以降、中南米やアジアからの
移民・難民が急増した地域で、現在、白人以外の移民・難民が人口の約2割を占める。

参与観察を通じて、野津は、Together(青少年支援NPO)による放課後クラブ活動(ネイバフッド・センター)の機能を次のように分析する。
(1)学習の場
(2)くつろぎの場
(3)社会参加の日常訓練
・異年齢交流の場
・社会的規範の形成の場
・ベトナム・コミュニティ生活者としての責任形成
NPOが開設する放課後クラブ活動の場は、学習支援にとどまらず、子どもたちの「居場所」など、実に多様な機能を担っている。

さらに、野津は、心理学者・ロゴフが提唱する「Guided participation」という概念に着目し、「ロゴフは、子どもは多層的に組織された小集団による相互関係のウェブ(網)に参加することを通して成長するという。そうした相互関係の網とは、ダイアード(対となった関係)を越えた人間関係の立体的配置(configuration)であるともいう。まさに、ネットワーク型学習とは、教師とニューカマーというダイアードを超えたウェブのような支援者の立体的配置のことである。さらに、その配置はアメリカンフットボールのフォーメーションのように、活動場面ごとに構築され、壊され、再構築されている。そして、多極的なコミュニケーションのウェブを通して、情報が臨機応変に交流することで、「統一的活動」「画一的活動」では果たしえないニューカマーの効果的な学習が可能となっているp.171」という。

ロゴフは、途上国において、親以外の多数の兄弟姉妹、祖父母、近隣者との多様なウェブから子どもの豊かな発達が促される様子を観察する中で、「Guided participation」という概念を着想したらしい。米国のみならず日本においても、教師・保護者以外の大人やロールモデルとなる異年齢の先輩と人格的な触れ合うを持つ機会は限られている。NPOのケースマネージャーや大学生インターン、高校生ボランティアなど、保護者でも同級生でもない人物との接触機会を重層的に持つことは、子どもの社会性の発達にプラスの効果をもたらす。

さて、本書で野津は、「ダイアード型支援からネットワーク型支援へ」という表現を頻繁に使う。ニューカマーの子ども支援には、学校の教員と生徒という一対一の関係(ダイアード)だけではなく、NPOやボランティア、企業等の複数のアクターが重層的に関わること(ネットワーク)が重要であると指摘する。

教育社会学者の林嵜和彦も、ニューカマーの子どもを支える仕組みについて、「多様な主体(マルチエージェンシー)による協働的な支援」の必要性を指摘する(「浜松市における外国人の教育問題と協働」『多文化共生と生涯学習』明石書店所収)。林嵜のいう多様な主体とは、「公立の小中学校、放課後の日本語教室、教育支援をするNPO、児童福祉施設、家庭やコミュニティの人々、外国人学校などp.180」

しかし、子どもを取り巻く支援者(機関)の数を物理的に増やすこと自体は目的ではない。一つの主体だけでは、十分な学習環境を提供できないから、複数のアクターがネットワークを形成する必要があるのだ。ネットワークの意義を、支援主体の側ではなく、子ども(支援の受け手)の側から捉え直すことで、それまで視野に入らなかった支援ニーズが浮上する可能性がある。子どもの困難が、言語の問題なら日本語教室や日本語ボランティアが、異文化ストレスなら母語のわかる心理カウンセラーが、家庭の貧困に起因するなら児童福祉機関が、というように…。

子ども(クライエント)を中心に置き、ニーズを可視化し、課題解決に必要な社会資源を発見(開発)するソーシャルワーカーの眼差しをもった人材・コーディネイト機関の重要性が、従来以上に高まっている。マルチエージェンシーによる協働を成立させる場の要件、場をデザインする人材の資質・技(わざ)について、今後も考えていきたい。 

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »