無料ブログはココログ

« 北欧の図書館から学ぼう(図書館総合展)参加メモ | トップページ | フォーラム「外国につながる子どもの就学前支援を考える」報告メモ »

2012年11月25日 (日)

『弱者の居場所がない社会~貧困・格差と社会的包摂 』を読んで

著者の阿部彩さんは、国立社会保障・人口問題研究所の研究者。貧困問題が専門で、前著の『子どもの貧困』(岩波新書)は、各界から注目された。

タイトルの「社会的包摂」という概念は、近年、バズワードになりつつある。先日東京都美術館で開催された「美術、コミュニケーション・デザイン」フォーラムに登壇した劇作家で阪大教授の平田オリザさんも、社会的孤立が強まる現代日本において、美術館、図書館、劇場等を拠点とした「文化による社会的包摂」の必要性を訴えていた。

さて、『弱者の居場所がない社会 貧困・格差と社会的包摂 』は、貧困・格差の原因を、3つの排除(関係からの排除、仕事からの排除、場所からの排除)と関連づけて追究しつつ、単純な貧困対策とは別概念としての“社会的包摂”の必要性を訴える。http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2881357

本書の構成は以下のとおり。

●目次
プロローグ 社会的包摂と震災
第1章 生活崩壊の実態
第2章 「最低生活」を考える
第3章 「つながり」「役割」「居場所」
第4章 本当はこわい格差の話
第5章 包摂政策を考える
第6章 インクルーシブな復興に向けて

以下、印象に残ったところ。

「まっとうな生活を保つための貧困対策と、社会的包摂対策は、両者とも必要である。ヨーロッパにおける就労支援は、『食うための手段としての就労』、すなわち公的な給付を代替するための就労ではなく、あくまでの包摂の手段としての就労の支援なのである。」P.111

日本では、貧困対策と社会的包摂手段としての就労支援は、一緒くたに語られている。阿部氏曰く、「ヨーロッパ諸国における雇用対策への重点のシフトは、潤沢な福祉制度を前提として起こったものである。日本とはそこが大きく違う。」P.111

英国ノッティンガム大学教授のリチャード・ウィルキンソン名誉教授の著作『格差社会の衝撃~不健康な格差社会を健康にする法』(書籍工房早山、2009年)、『平等社会~経済成長に代わる、次の目標』(東洋経済新報社、2010年)をもとに、ウィルキンソン氏の主張を次のように要約する。

「格差が大きい国や地域に住むと、格差の下方に転落することになる心理的打撃が大きく、格差の上の方に存在する人々は自分の社会的地位を守ろうと躍起になり、格差の下の方に存在する人は強い劣等感や自己肯定感の低下を感じることになる。人々は攻撃的になり、信頼感が損なわれ、差別が助長され、コミュニティや社会のつながりは弱くなる。強いストレスにさらされ続けた人々は、その結果として健康を害したり、死亡率さえも高くなったりする。これらの影響は、社会の底辺の人々のみならず、社会のどの階層の人々にも及ぶ」p.127

「一部の人が排除される社会は、すべての人が生きにくい社会なのである」p.129

さて、阿部氏は、内閣府が始めた「パーソナル・サポート・サービス」事業にふれつつ、就労支援の先にある社会のあり方に言及する。

「これらの政策が抱える問題の一つは、『出口』としての社会が変わらないところである。いくら就労支援をしても、こまめにサポートをしても、得られた就職が非正規で賃金も低く、自己の存在価値が認められたと感じさせるような仕事でなければ、結局のところ、何が改善されるのであろう。『出口』の先が、人々を戦々恐々とさせる格差社会であるなら、その人の真の社会的包摂は可能であろうか。」

最後のパラグラフの部分は、ニートやひきこもりの支援活動を長年展開している実践者が述べる主張と共通している。就労支援は重要だが、出口の先にある「社会」そのものを変えていかねばならいのだ。とはいえ、日本の企業文化、社会を変えることはそう容易くはない。まずは、自分のできるところからコツコツと、やっていこう。

« 北欧の図書館から学ぼう(図書館総合展)参加メモ | トップページ | フォーラム「外国につながる子どもの就学前支援を考える」報告メモ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

« 北欧の図書館から学ぼう(図書館総合展)参加メモ | トップページ | フォーラム「外国につながる子どもの就学前支援を考える」報告メモ »