無料ブログはココログ

« 2008年学習指導要領改定の舞台裏~文藝春秋のルポから~ | トップページ | 日本語教室の新しいカタチ~言語習得からエンパワーメントへ~ »

2013年12月15日 (日)

多文化子どもフォーラム「外国につながる子どもの学習面でのつまずきへの支援」に参加して

「外国につながる子どもの学習面でのつまずきへの支援~子どもの特性に合わせたサポートの可能性~」に参加した。以下はフォーラム概要と当日配布資料。
●日時:2013年12月14日(土)13:30~16:30
●会場:神奈川韓国会館7階ホール
●主催:(公財)かながわ国際交流財団
●プログラム
1,講演「読み書きに困難がある子どもの理解と対応」
   温泉美雪さん(公益社団法人神奈川学習障害教育研究協会)
   *配布資料「onsenppt.pdf」をダウンロード
2.講演「外国につながる子どもの「できる」を増やす指導・支援のポイント」
   近田由紀子さん(大阪大学大学院連合小児発達学研究科)
   *配布資料「kondappt1.pdf」をダウンロード「kondappt2.pdf」をダウンロード
●次第・講師プロフィール:「KIFforum20131214.pdf」をダウンロード

【感想】
外国につながる子どもに学習面での「遅れ」がある場合、その原因を特定することは専門家でも難しい。「これさえわかれば的確な見立てができる」という魔法のような方法論があるわけではない。

しかし、今日のフォーラムの中で、LDの専門家と外国人児童生徒教育の研究者(元実践者)から、子どもの現状を「見取る」視点について話を聞き、大変参考になった。

中でも、近田さんが提案する次の「評価者の知識」は、すべての教員が押さえておきたいポイントではないかと思った。
--------------------------------------------
●外国につながる子どもに関する知識
 ・言語・文化的・社会的背景
 ・就学前の養育環境
 ・第二言語習得過程
 ・異文化間環境にある心理的な影響
 ・個々の多様性
  (管理職・通常学級の教員の多くは外国人児童教育に関する研修経験がない。)
●発達障害やアセスメントに関する知識
 発達検査は文化差や教育環境による心理的影響がある
 IQは変化する
--------------------------------------------

« 2008年学習指導要領改定の舞台裏~文藝春秋のルポから~ | トップページ | 日本語教室の新しいカタチ~言語習得からエンパワーメントへ~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。